Journal

2021.02.03

あじろ綴じは、どんな製本方法?その特長や選ぶ際のポイントをご紹介。

数ある製本方法の中から中綴じや無線綴じについてこれまでご紹介してきましたが、今回はあじろ綴じをクローズアップします。なかなか聞き慣れない製本方法かもしれませんが、文庫本や月刊誌、カタログなどにも多く使われている綴じ方です。そんなあじろ綴じの特長や、冊子印刷の際に知っておくと便利なポイントなどをお伝えしていきます。

あじろ綴じと無線綴じの違いは?

あじろ綴じとは、実は無線綴じを改良したものです。無線綴じは糸や針金を使わずに製本する方法で、本の背を特殊な糊で固めて綴じます。その分、丈夫で長持ちするのが特長。そして、無線綴じの改良版となるあじろ綴じは、本の背の部分に切れ目を入れ、そこから糊を浸透させていきます。無線綴じよりもさらに丈夫で長持ちするのです。

無線綴じとは?

無線綴じは、本文の束となった背の部分を製本用の特殊な糊で固め、表紙用紙でくるんで綴じる本格的な製本方法です。背表紙があることで、冊子の名称やメッセージなども入れることができ、しっかりとした直方体に仕上がるのが特長。中綴じと比べて、高い耐久性も誇ります。教材や報告書、文庫や記念誌をはじめ、商業誌や書籍に幅広く採用されていて、皆さんも書店などでよく見かけているのではないでしょうか。また、別名でくるみ製本とも呼ばれています。

あじろ綴じとは?

あじろ綴じは、糸や金具などを使わずに接着剤のみで綴じる無線綴じの一種で、改良版的なものです。一般的な無線綴じの場合、バラバラに切り離された状態のページ束の背に接着剤をつけて固め、表紙と各ページを繋ぎとめます。しかし、あじろ綴じは折丁の背に切込みを入れてスリット孔を作り、そこに接着剤を浸透させて繋ぎとめるのです。このスリット孔の大きさは印刷業者によって違いがありますが、大体10~15㎜程度のスリットを5㎜程度間隔で入れていくのが一般的。そうすることで、各ページ同士が接着剤でしっかりと固められます。各ページ同士が切り離された状態の無線綴じと比べてバラバラになりにくく、接着強度がさらに強い冊子となるのです。ただ、あじろ綴じはノド部分の接着剤の浸透量が多くなるため、ページがやや開きにくくなるのがデメリット。見開きの写真や図柄を多く配置したい場合には、あまり向かない綴じ方かもしれません。

あじろ綴じイメージ

あじろ綴じと無線綴じの選び方のポイント

ここでは、冊子印刷においてあじろ綴じと無線綴じのどちらかを選ぶ際の判断材料となるポイントをお伝えします。まず、ポイントとなるのが連量です。聞き慣れない言葉ですが、連量とは一定寸法に仕上げられた紙1000枚(1連)の重量。まずは、この言葉を覚えておきましょう。
紙の連量が110㎏を超えると、紙のコシが強くなり過ぎてしまいます。そのため本を開いた時に背面部の接着層に負担がかかり、その結果、背割れが起きやすくなるのです。背割れが一度起きてしまうと、無線綴じの場合、一枚ずつ抜け落ち始めてバラバラになってしまいます。しかし、あじろ綴じなら各ページ部分が接着されて繋がっているため、簡単にバラバラになることもありません。厚めの用紙を使用したいのであれば、あじろ綴じが適していると言えます。ちなみに無線綴じの限界となる連量の目安は、110㎏ぐらいと考えておくといいでしょう。また、135㎏を超えるような厚紙を使用する場合は、あじろ綴じでもリスクが高くなるため、印刷会社と相談の上、状況によっては糸かがりをすることも必要になります。

あじろ綴じが向いているシーン

あじろ綴じは前述したように、耐久性が高く、保存性をより求める冊子に適した製本方法です。皆さんが馴染みのあるもので言えば、文庫本やカタログ、月刊誌などによく採用されています。

コート紙を使う場合

上質紙や中質紙を使用している場合は、強度や耐久性ともにどんな綴じ方でも問題はありません。しかし、コート紙の場合は、上質紙や中質紙と比べて繊維分が少なく、無線綴じでカットされた断面をラフニング(折り丁の背を毛羽立たせる加工)することで、コート剤が粉末になってしまいます。この粉が紙の断面に付着することで、接着においてとても大きなデメリットが生じてしまうのです。粉末をきれいに取り除かないままホットメルトを塗布してしまうと、接着効果を損なうことに。このようなことから、コート紙を無線綴じする場合は、安全をしっかりと見込んで切れ目を入れるか、あじろ綴じを選択するのがオススメです。

紙の連量が110kgを超える場合

紙の連量(一定寸法に仕上げられた紙1000枚(1連)の重量)が110kgを超える場合は、背面部の接着層に負担がかかり、背割れのリスクが高まります。そのため、無線綴じではなく、あじろ綴じを選択するのが無難だと言えるでしょう。ちなみに、紙の連量が110kgを超える用紙を例えるとすれば、1万円札の厚さのコート紙だと思っていてください。また、連量が少ない用紙の場合は、接着剤の浸透が十分ではなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

あじろ綴じイメージ

無線綴じが向いているシーン

無線綴じは、あじろ綴じに比べると耐久性は劣りますが、中綴じよりも耐久性が強いのが特長です。そのため、商業誌やカタログ、書籍、文庫本、記念誌など、幅広いものに採用されています。

折り数が多い場合

薄手の紙で折り数が多くなると、中折の浮きが出やすくなります。あじろ綴じの場合、この中折の浮きが生じたまま接着剤を押し込むと、中まで浸透できないため紙抜けのリスクが急激に高まってしまうのです。しかし、本文の束(折丁)の背の部分をまとめて糊で固める無線綴じなら、そうしたリスクは生じないと言えます。輪転ものであれば印刷の品質がとても大きく関係してくるため、事前の打ち合わせ段階でしっかりと把握しておきましょう。

紙の連量が45kgを下回る場合

紙の連量が110kgを超える場合は、無線綴じよりもあじろ綴じが適していると言えますが、例えば連量が45kgを下回る場合はまた違ってきます。あじろ綴じは、連量が少ないと中折まで接着剤を押し込むのが難しくなり、接着剤が浸透しにくくなってしまうのです。そうしたリスクもふまえて、連量の少ない場合は無線綴じの方をオススメします。

あじろ綴じ厚さイメージ

あじろ綴じに関するよくある疑問

あじろ綴じについて詳しく説明してきましたが、皆さんお分かりになりましたか?ここではあじろ綴じに関する質問の中でも、特に寄せられる素朴な疑問を2つピックアップ。冊子印刷であじろ綴じを選択する際の参考にしてください。

あじろ綴じと無線綴じ、価格が安い方はどちらですか?

あじろ綴じと無線綴じでは、製本料金に変わりはありません。また、あじろ綴じ&無線綴じと中綴じで比較した場合、背表紙のあるしっかりとした仕上がりになるあじろ綴じ&無線綴じの方が、中綴じよりも少しコストは高くなります。その要因は、工程が複雑になることと、強度が増すためです。ただそこまで大きな差はないので、仕様や用紙も含めて印刷会社と相談しながら、製本方法を検討するようにしてください。

あじろ綴じと無線綴じの見分け方はありますか?

あじろ綴じは、無線綴じと同じ製本方法と分類されることが多く、言わば改良版的なものです。違いを挙げるとすれば、糊をつける背の部分に切れ目を入れ、そこから糊を浸透させるという部分。使用感としては、無線綴じよりも丈夫で長持ちし、無線綴じよりも開きやすい、といった特長があります。

あじろ綴じイメージ

品質管理にこだわるホーナンドーの管理体制

ホーナンドーでは、自社工場内で製本工程を全て管理し、万全の体制で製造しています。乱丁・落丁による不良回避のためインラインカメラをはじめ、厚み検知機、員数機、混入防止のためカッターやハサミなどの刃物管理などを徹底。ミス防止のための作業手順においても、これまでの経験と知見を生かしながら日々改善し、お客様に100%満足していただける品質のものをご提供しています。あじろ綴じをはじめ、お客様のご要望に合わせて様々な製本方法をご提案していますので、気軽にお問い合わせください。

納品体制イメージ"

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ