Journal

2020.12.21

水なし印刷の導入で、SDGsの目標達成に寄与。

業種や業態に関係なく、企業の社会的責任の一つとして環境負荷低減への取り組みが高まる中、印刷業界で注目されているのが「水なし印刷」です。その言葉の通り、水を使用しない印刷手法ですが、そこには地球に優しい様々なメリットがあります。今回のコラムでは、SDGsとも関わりの深い「水なし印刷」について紹介していきます。

クリーンな印刷

地球に優しい印刷方法「水なし印刷」とは?

水なし印刷は、有機溶剤を含む湿し水を一切使用しない、環境に優しい画期的な印刷技術です。2019年にはその環境優位性が国にも認められ、グリーン購入法にも明記されました。これまでの印刷工程では不可欠だった有害物質を含む湿し水を一切使用しないため、VOCの大幅な削減が可能。加えて、印刷版の現像工程において、回収廃液が大幅に削減できる水現像方式になることで、自然環境はもちろん労働環境にも配慮した技術と言えます。 また、水なし印刷を取り入れることで、環境保全に配慮した印刷物の象徴でもあるバタフライマークを入れることも可能。このバタフライマーク(水なし印刷認証マーク)は、アメリカの非営利団体であるWPA(Waterless Printing Association=水なし印刷協会)が開発したもので、環境問題に熱心に取り組みつつクオリティの高い印刷物を製造している水なし印刷実施会社と、その印刷物に支給されています。

バタフライマーク

水あり印刷と水なし印刷の違い

前述しましたが、水なし印刷とは、有害物質を含む湿し水を使わない印刷技術です。湿し水を使わないため、通常のオフセット印刷(水あり印刷)のような有害な廃液を出しません。例えば、通常の印刷(水あり印刷)で使用している湿し水には、H液(バクテリアの好餌となる有機物質を含有)などの有害物質が含まれており、常に大量の有害物質を使用しているのことになるのです。とある比較試験では、「水あり印刷」の湿し水から下水廃水基準値(600mg/L)の約34倍ものBOD※1が検出され、COD※2も限定基準値をはるかに超えた数値が検出されたという報告もあります。これに対して水なし印刷は、現像工程における現像液使用量や廃液量も大幅に削減。環境への負荷が格段に少なく、地球に優しい印刷技術であることが明らかにされています。

※1:水中の有機物が微生物によって一定時間内に酸化分解される時に必要な酸素量を表し、有機物による水の汚染度を表す目安として生物化学的酸素要求量と呼ばれています。※2:水中の有機物が酸化剤で化学的に酸化分解される時に必要な酸素量を表し、有機物による水の汚染度を表す目安として化学的酸素要求量と呼ばれています。

印刷機

版の違い

水なし印刷は、基本的な印刷方法はオフセット印刷と変わらないため、大きなカテゴリーで言えばオフセット印刷の一種です。異なるのは、その名の通り湿し水を使わないということと、「版」の構造です。では、水なし印刷はどのようにして画線部と非画線部を区別しているのか。「版」の構造の違いを、比較してお伝えします。 通常のオフセット印刷(水あり印刷)の「版」は、非画線部に湿し水を使用することでインキの油と反発させて画線部と非画線部を区別していました。一方で水なし印刷の「版」は、非画線部がシリコンゴムの層になっているのです。このシリコンが湿し水の役割を果たすことでインキを弾き、画線部と非画線部を区別しています。

現像方法の違い

水なし印刷と通常のオフセット印刷(水あり印刷)の違いは、「版」のは構造だけではありません。現像方法にも、大きな違いがあるのです。通常のオフセット印刷(水あり印刷)の「版」は、版の現像時にPH12以上の強アルカリ現像廃液が発生するため、「特別管理産業廃棄物」としての回収が義務付けられています。しかし、水なし印刷の「版」は、湿し水を使用していないからこそ、現像工程で有害な廃液が一切出ない水現像方式になるのです。もちろん、現像処理後の排水は下水に流すことが可能。水なし印刷は現像方法においても、環境に優しい印刷方法だと言えます。

現像

水なし印刷のメリット

水なし印刷の概要をこれまでお伝えしてきましたが、印刷企業が水なし印刷を取り入れることでどのようなメリットがあるのか。3つの大きなメリットを記すと共に、以降の段落で詳しく説明していきます。 ・インキの水による乳化がなく、高精細でくっきりとした印刷物に仕上がる。 ・刷版現像時に通常のオフセット印刷(水あり印刷)は、特別管理産業廃棄物として回収義務がある「アルカリ現像廃液」が発生。しかし、水なし印刷は有害物質を含む湿し水が不要なため、廃液がほとんど発生しない。 ・湿し水の管理が不要なため、印刷オペレーターはインキ管理に集中できる。品質管理も容易になり、生産性も向上する。

インキ管理

より再現度の高い美しい仕上がりに

水なし印刷は湿し水を使わないため、特ににじみに起因したドットゲイン変調による色の変化を解消でき、印刷物の色が安定します。また、凹凸のある紙に強く、平滑な紙と同じように印刷することが可能。湿し水を使わないことで、通常のオフセット印刷(水あり印刷)よりも色がはっきり出るのです。また、紙の種類によっては水を含むことで紙そのものが伸びることもありますが、水なし印刷なら紙伸びが発生する心配もありません。紙伸びが発生すると見当ずれなどの原因にもなるため、そういった部分においても水なし印刷は美しい仕上がりを担保することができます。

環境配慮のアピールが可能

水なし印刷の環境保全における特長は、湿し水を使わないことや現像工程の薬品処理・水洗いなどで発生する廃液を大幅に削減できるだけではありません。水質汚濁防止法などの遵守はもちろん、化学物質管理促進法、グリーン購入法、ISO14000シリーズの対策としても適面。事実、近年では多くの印刷企業がそれらの対策として水なし印刷を取り入れ、採用件数も年々伸びています。 また、世界的な取り組みであるSDGsにおいても、水なし印刷を取り入れることで以下の8つの目標が達成できるのです。「目標3:すべての人に健康と福祉を」「目標6:安全な水とトイレを世界中に」「目標8:働きがいも経済成長も」「目標9:産業と技術革新の基礎を作ろう」「目標12:つくる責任、つかう責任」「目標 13:気候変動に具体的な対策を」「目標14:海の豊かさを守ろう」「目標15:陸の豊かさを守ろう」。 世界的に環境負荷低減が大きくクローズアップされている今、環境への配慮はもちろん、働き方や経済成長にも寄与する水なし印刷は、現代に最もふさわしい印刷方法であると言えます。

生産性が高くコスト削減につながることも

水なし印刷は環境対応印刷ということで、通常のオフセット印刷(水あり印刷)と比べて単価が高いと思われがちですが、ホーナンドーではほぼ同等の価格でご提供しています。また、通常のオフセット印刷(水あり印刷)の場合はインキだけではなく、湿し水の量や汚れ、温度などの影響も出てくるので管理にも経験が必要ですが、水なし印刷は印刷不安定要因である湿し水が不要なため、品質管理の標準化が容易。さらに、準備時間の短縮及びスピーディーな立ち上がりを実現することで、生産性の向上にも貢献。損紙(試し刷りの紙)も少なくできるため、コスト削減につながります。

印刷機の生産性

水なし印刷のデメリット

水なし印刷のメリットは理解いただけたと思いますが、仕上げる製品によってはいくつかのデメリットも生じてしまいます。例えば、通常のオフセット印刷(水あり印刷)と比べてインキが硬いため、紙が引っ張られてピッキング(紙むけ)のリスクがある。シリコンゴムとブランケットの摩擦によって静電気が発生しやすくなる。ゴースト(印刷面に濃淡が出ること)を解消するための対処法が限られている。これらのデメリットは少なからずありますが、印刷時に大切なのは、仕上げる製品に合った印刷方法を選ぶことです。水なし印刷には環境配慮以外にもたくさんのメリットがあるので、この方法をご検討の際はいつでも気軽にお問い合わせください。

ホーナンドーでは環境負荷低減の取り組みとして水なし印刷を採用しています

ホーナンドーでは、環境負荷低減への取り組みとして2019年8月に水なし印刷を導入しました。これから事業を継続していく上で水も空気も汚さない、少しでも環境のためにという思いが、導入の大きな決め手です。水を使用しないため、静電気などに最善の注意を払わないといけませんが、通常のオフセット印刷(水あり印刷)とそん色のない仕上がりには、お客様からも高い評価を得ています。また、オペレータも水の管理が不要となり、オペレーション的には遥かに楽になっていることを実感。環境への配慮に取り組むだけではなく、お客様、社員にもメリットのあることを今後も続けていきたいと考えています。

ホーナンドーの印刷技術

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ